unclouded

2020年5月23日

 

 

 

 

 

 

6月9日にリリース予定の

 

上柿絵梨子さんのニューアルバム「unclouded」のご紹介。

 

そのCDジャケットに錆画を使っていただきました。

 

デザインはspecial sourceのショップカードを

 

手がけてくださいました荒澤文香さん。

 

 

 

コロナウィルスの影響で三人揃っての打ち合わせは叶いませんでしたが

 

それでも全力で走ってきた上柿さんから熱い思いの込もったバトンを受け取り

 

わたしも懸命に走りました。

 

最後は荒澤さんが見事に走り抜いて

 

再び上柿さんの元へと届けてくれた「unclouded」。

 

 

 

CDジャケットのお仕事は初めてでしたが、お話しをいただいた時

 

絵を通して人の役に立つことが出来る、と嬉しかったことを覚えています。

 

今まで自分の為に描いてきた絵を、誰かの為に。

 

そんな貴重な機会を与えてくださった上柿さん、どうもありがとうございます。

 

 

 

一足先に聴かせていただきましたが

 

本当に素晴らしいアルバムなのです!(自分が参加したことを抜きにしても)

 

曇りの無いピアノの音色が

 

上柿さんの想像する美しい世界へと心を解き放ってくれました。

 

その解放感は曲の世界にいる時だけの出来事かもしれませんが

 

確実に前へと進んでいける力となるものでした。

 

長いstay homeの中で感じた音楽の力。

 

 

 

CDとコラボレーションした企画商品もいくつかあるようですよ。

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

 

http://erikouegaki.com

 

instagram:@musicacallada.i

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新緑の風が吹く

2020年5月11日

 

 

 

 

 

 

外は眩い季節。

 

光をめいいっぱい浴びて

 

新鮮な空気を身体の隅々まで吸い込んで

 

緑を愛でる

 

嗚呼、幸せ〜

 

ってことが今はできないので

 

絵の中で散歩してみよう

 

曲は・・・そうだなあ・・・

 

Joni Mitchellなんてどうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Stay safe and healthy

2020年4月19日

 

 

 

 

 

 

3人展の会期を無事に終え、ホッとしている今日この頃です。

 

会期中、様々な対策をしてお客様をお迎えくださいました+106さん

 

このような状況下お運びくださいました皆様、誠にありがとうございました。

 

感謝申し上げます。

 

 

 

さて今回のコロナウイルス、長期戦になりそうな気配ですが

 

自分にも出来る小さなことが状況を変えていくのだと思い

 

今は出来る限り家に留まるようにしています。

 

 

 

お仕事でどうしても外出しなくてはいけない方々や

 

厳しい現実の中で戦ってくださっています

 

医療従事者の方々も多くいらっしゃいます。

 

本当にお疲れさまです、ありがとうございます!

 

 

 

もちろん皆がステイホームというわけにはいきませんが

 

其々の役割をこなしながら

 

皆で同じ方向を向いてこの難局を乗り越えられたら

 

より良い世界になるのではないでしょうか。

 

 

 

いつでも見上げれば綺麗な空があるって幸せですね。

 

皆様もどうぞご自愛の上お過ごしください。

 

Stay safe and healthy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

special source 3人展「+106×3」会期変更のお知らせ

2020年4月7日

 

 

 

 

 

 

4月12日(日)まで予定しておりました3人展ですが

 

コロナウイルス感染拡大防止の為

 

4月10日(金)で終了させていただくことになりました。

 

 

 

1日も早い終息を願って会期を変更致しました。

 

何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

 

 

皆様もどうぞ心穏やかにお過ごしください。

 

 

 

会期

 

4月6日(月)〜8日(水)お休み

 

4月9日(木) 11:00-18:00

 

4月10日(金)最終日 11:00-18:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

special source 3人展 「+106×3」

2020年3月29日

 

 

 

 

 

 

atelier gallery頁でも既にお知らせしております

 

special source3人展「+106×3」が3月28日よりスタートしました。

 

不安な状況下にもかかわらずお運び下さいました皆様

 

誠にありがとうございます。

 

 

 

除菌、換気をまめに行いながら

 

展示は30日からも引き続き開催していただけるそうです。

 

このような状況ですので開催の変更の可能性もございます。

 

30日以降の開催につきましてはお手数ではございますが

 

Instagram

 

@specialsource_ateliergallery

 

@plus106

 

HP

 

www.specialsource.jp内のatelier gallery頁

 

www.plus106.net

 

いずれかでご確認くださいますようお願い申し上げます。

 

 

 

会期:3月28日(土)〜4月12日(日)

 

open:11:00~18:00

 

4月6日(月)7日(火)8日(水)はお休みです

 

会場:香川県高松市屋島西町2453-20​ RENOWA YASHIMA 106号室

 

 

 

コロナウィルスの早い終息を願うばかりです。

 

平和な日常を取り戻す為に、今は耐えるしかありませんね。

 

皆様もどうぞお気をつけて、心穏やかにお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月5日

 

 

 

 

 

梅も咲いて

 

遠くから眺める桜の木も微かに色づき始めました。

 

春が来ましたね。

 

 

 

今は、ピアニストの上柿さんがリリース予定のアルバムジャケットの錆画や

 

+106さんでの三人展「+106×3」に向けての制作に没頭している毎日。

 

 

 

世の中、何かと不安でつらい状況ですが

 

こんな時だからこそ思いやりとユーモアで乗り切っていきたいものです。

 

 

 

穏やかな日常に戻るまで

 

皆様もどうぞお身体にはお気をつけてお過ごしください。

 

 

 

寅さんのようにふら〜っと旅に出てみたいなァ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暖かな場所

2020年1月20日

 

 

 

 

 

帰省したときの楽しみのひとつは旧友に会うこと。

 

お互いの間に流れた時間を軽々と越えて

 

快く迎え入れてくれる友の存在は

 

とても有難いものです。

 

 

 

初詣に行って

 

波の音を聞いて

 

いい話にも

 

どうでもいい話にも

 

花を咲かせながら

 

共に時を過ごせることの幸せ。

 

 

 

引いたおみくじは大吉ではありませんでしたが

 

気持ちは的には大吉の上にさらに大がつく大大吉。

 

 

 

晴天と鳥の囀りと笑い声に

 

こわばっていた身体を芯から解きほぐしてもらいました。

 

 

 

いろんなことがあるけれども

 

全てひっくるめて

 

やっぱり故郷っていいね

 

そう思えるのは

 

暖かな人たちがいてくれるおかげです。

 

 

 

少しだけ気持ちを沖縄に残して

 

お互いの幸せを祈りつつ

 

しばしお別れ

 

ばいばい、また会いましょうねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初春

2020年1月3日

 

 

 

 

 

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

 

皆様、昨年は大変お世話になりました。

 

あらたな年も感謝の気持を忘れずに精進して参ります。

 

本年も宜しくお付き合いいただけますようお願い申し上げます。

 

 

 

2020年を迎えました。

 

初日の出とはいきませんが

 

今年はせめて夜が明ける瞬間を見たいと思い目覚ましをセットしました。

 

眠くてボーっとしながらも何とか起き上がり、カーテンを開けて

 

ちらっと空を見て終了。

 

即二度寝をしてしまいました。

 

 

 

「朝に強くなりたい。」

 

今年の抱負が決まった瞬間でした。

 

 

 

2020年は3月に香川県でスペシャルソースの三人展がございます。

 

今年もまた制作の日々が始まろうとしていますが、せめて3日まではお正月気分で

 

我が家の愛猫たちと穏やかな日を過ごしたいと思います。

 

それでは、本年も皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「時禱」展の御礼

2019年12月9日

錆画:青を巡る道

 

 

 

 

 

1ケ月間の長い展示も無事に終わりました。

 

ほっとしたという気持ちもありますが

 

なんとなく終わってしまった寂しさの方を感じてしまいます。

 

 

 

「時禱」展にお越しくださいました皆さま

 

師走のお忙しい中、誠にありがとうございました。

 

多くの方に観ていただけたことで

 

長かった制作の過程が報われたように思います。

 

そして八雲茶寮のスタッフの皆さま、大変お世話になりました。

 

 

 

現在オープンしておりますアトリエギャラリーでも「時禱」展の作品を

 

一部展示しておりますのでよろしければご覧ください。

 

 

 

今回は初の外部での個展でしたので

 

この一年、頭の中はいつも展示のことばかり。

 

あの考え抜かれた空間に耐えられるだけの作品を作ろうと精一杯でした。

 

そのおかげで錆の扱い方や、制作方法、作品との向き合い方、新しい発見もあり

 

背伸びすることで見えてくる景色もあるのだと知った貴重な経験になりました。

 

まだ展示の余韻に浸っていたいところですが

 

今は次の展示に向けて気持ちを切り替え中です。

 

 

 

次回は有難いことに、ピアニストの上柿絵梨子さんの来春発売予定の

 

CDジャケットの絵を制作させていただくことになりました。

 

 

 

現在アトリエギャラリーでは、2017年に発売されました上柿さんのCD「.i 」を

 

お取り扱いしております。

 

ギャラリーでも曲を流していますのでぜひご試聴ください。

 

 

 

そして2020年3月には、香川県にございます+106さまで

 

スペシャルソースの三人展を予定しております。

 

こちらの詳細はまた改めてお知らせいたします。

 

 

 

今年最後のアトリエギャラリーもオープン中でございますので

 

ご都合がよろしければお越しくださいませ。 

 

〜12月10日(火)まで 

 

12:00-18:00 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「時禱」展

2019年11月11日

 

 

 

 

11月6日より八雲茶寮さまにて「時禱」展が始まりました。

 

お越しくださいました皆様、どうもありがとうございます。

 

 

 

この一年、絶えず頭の中には個展のことがありましたので

 

無事に初日を迎えられて、ホッとしています。

 

 

 

 

本展では、初めて沖縄の信仰をテーマのひとつにしました。

 

今までも制作に向かわせてくれる動機のようなものが

 

おぼろげに自分の内側に流れているように感じてはいましたが

 

なかなかそこに深く踏み込むことが出来ずにいました。

 

今回「時禱」をテーマにしたことで、ようやく意を決して

 

自分の内側にあるものと向き合い

 

アイデンティティーを確認することができたと思います。

 

 

 

制作の過程では、首里城というあまりにも大きなものを失ってしまいましたが

 

故郷へ馳せる思いはより強くなりました。

 

 

 

作品は全て錆画で19点。

 

皆さまそれぞれの解釈でご自由にご覧いただけましたら、と思っております。

 

大変申し訳ございませんが、今回わたしは在廊しておりません。

 

作品に関します短文をご用意いたしましたので、よろしければ合わせてご覧ください。

 

 

 

11月30日(土)までの会期でございます。

 

どうぞご高覧くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Archives