雨上がり雑記

2021年4月23日

 

 

 

雨上がり

 

小さな水溜りに現れる逆さまの世界が好きだ。

 

 

 

ひっそりと水の中に存在して

 

風が吹くと

 

木々も建物も細かく揺れる。

 

空に時折雨粒が落ちる。

 

 

 

 


 

 

 

 

かがみ込んで覗く少し不思議な世界の住人も

 

ジタバタと今を生きているのだろうか

 

 

 

 

 

 

 

そんなことをぼんやり考えながら空を見上げたら

 

綺麗な虹

 

足元に広がる世界も魅力的だけれど

 

この世界もそんなに悪くはないのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第24回岡本敏子賞受賞作品 モリソン小林「break on thrugh」

2021年4月9日

 

 

 

 

 

美しい植物の成長が今も止むことなく、隙間なく全てを覆い尽くそうとしているこの空間は

 

あまりに静かすぎて、人の気配はまったく感じられず

 

子供の頃に見た、草木がうっそうと生い茂る廃墟や空き地の記憶と重なって

 

少し怖い感じさえしました。

 

 

 

 

すでに作者の手から離れてしまった空間は自ずと成長して

 

設置の時に一緒に作り上げた空間とは印象が違って見えました。

 

 

 

 

人類がいなくなった後の世の一部を切り取っているようにも思えて

 

「風の谷のナウシカ」の一場面を思い出し

 

「自然と人間との共存」は本当にありえるのだろうかと考えてしまいました。

 

わたし達は決して対等ではなくこの地を間借りしている身であることを忘れてはいけない

 

そんなことを言われているようで、自然の持つ脅威という別の顔を見たような作品でした。

 

 

 

 

第24回 岡本太郎現代芸術賞展

 

〜4月11日(日)17:00まで

 

川崎市 岡本太郎美術館にて開催中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

錆画展「一編の詩のように」終了しました

2021年4月6日

 

 

 

 

ちょうど桜が満開になる頃に始まった展は

 

花びらが散り始めた頃に、終わりを迎えました。

 

 

 

 

未だ落ち着かない現状にもかかわらず、たくさんの方にお運びいただき

 

遠く、北海道、愛知、大阪、和歌山、愛媛からもお越しくださいました。

 

感謝申し上げます。

 

 

 

 

作品はときどき大人になりきれない自分が嫌でも現れてしまいます。

 

だからまるで自分の全裸、頭の中まで見られているような気分になり

 

展示会中はそわそわと落ち着かないこともあるのですが

 

それでもやっぱり嬉しくて

 

心の中で「ありがとーーー!!」と叫んでいます。

 

 

 

 

今回そんな妙な新参者をギャルリーワッツの皆様は暖かく迎え入れてくださいました。

 

隅々までオーナーさんのお人柄、愛情が溢れているギャラリーでした。

 

そして本展の為に一生懸命に壁面を作り、建ててくれた大ちゃん、モリソンさん

 

いつもふたりには助けてもらっています。

 

 

 

 

こうして多くの人たちに支えられて、最終日まで安心して開催することができました。

 

皆様どうもありがとうございました!

 

 

 

 

いつの日か、一編の詩が完成するその時まで

 

言葉をたぐり寄せ、紡ぐように描き続けてゆこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一編の詩のように

2021年3月9日

錆画(さびえ)

 

 

 

 

 

リルケの著書「マルテの手記」(大山定一訳)の中の一節

 

(中略)

 

「追憶が僕らの血となり、目となり、表情となり、名前のわからぬものとなり、

 

もはや僕ら自身と区別することができなくなって、初めてふとした偶然に、

 

一編の詩の最初の言葉は、それら思い出の真ん中に思い出の陰からぽっかり生まれて来るのだ。」

 

 

 

 

一編の詩の一行に出会うため

 

詩人はこんなにも長い旅を続けるのかと思いました。

 

忘れられないこの一節を今回の展示のタイトルに。

 

絵画と詩は背中合わせの存在のように思えて、実は地続き。

 

画面上の旅の痕跡が、一編の詩の最初のことばを運び

 

錆と溶け合った色が

 

わたしたちを追憶の彼方に旅させてくれるものになっていたなら嬉しい限りです。

 

 

 

 

「一編の詩のように」

 

場所:ギャルリーワッツ 港区南青山5-4-44 ラポール南青山#103 

 

開催期間:2021年3月25日(木)〜 3月30日(火)

 

25日 26日 29日                12:00-19:00

 

27日 28日       12:00-18:00

 

30日          12:00-17:00

 

・曜日によってcloseの時間が異なりますのでご注意ください。

 

場所:ギャルリーワッツ 港区南青山5-4-44 ラポール南青山#103 

 

  https://www.wa2.jp 

 

instagram @galeriewa2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個展のご案内

2021年2月26日

 

 

 

 

近づきつつもまだ遠い春に思いを馳せるこの頃です。

 

暖かな日差しの中、思い切り身体を伸ばしたら

 

長い冬から目覚めたような感覚になりました。

 

 

 

 

3月、桜の花が美しい時期に

 

青山のギャルリーワッツさんにて個展を行います。

 

ご縁がありまして、ありがたいことに展示のお話をいただきました。

 

「一編の詩のように」と題して錆画を制作しています。

 

 

 

 

首都圏の緊急事態宣言は継続中ですが

 

こういう時だからこそ、少しでも心を豊かにするお手伝いができればと願っています。

 

わたし自身も制作することで救われているのかもしれません。

 

自分の内側にある表現したいという灯火を大切にしたい、今はそんな思いです。

 

 

 

 

「一編の詩のように」

 

場所:ギャルリーワッツ 港区南青山5-4-44 ラポール南青山#103 

 

開催期間:2021年3月25日(木)〜 3月30日(火)

 

25日 26日 29日                12:00-19:00

 

27日 28日       12:00-18:00

 

30日          12:00-17:00

 

・曜日によってcloseの時間が異なりますのでご注意ください。

 

場所:ギャルリーワッツ 港区南青山5-4-44 ラポール南青山#103 

 

http://www.wa2.jp     instagram @galeriewa2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

円の上を歩く

2020年11月9日

 

 

 

 

 

 

人生を図形で表すとしたら・・・

 

わたしはきっと円を描くだろう

 

 

 

出発点と終着点が重なった円の上を何度も転生を繰り返しながら

 

昨日も今日も、そして明日も歩いてゆく

 

 

 

描かれたそれぞれの円は時に重なり、出会い

 

そしてまたひとりてくてくと歩いてゆく

 

歪な愛おしい円の上を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「金属植物と山びこ」展

2020年11月6日

 

 

 

 

 

モリソン小林と中村大介「金属植物と山びこ」展が

 

名古屋のギャラリーhaseさんで始まります。

 

見応えのある作品ばかりですよ、お見逃しなく!

 

 

 

今回はCDジャケットの絵を描かせていただきましたピアニストの

 

上柿絵梨子さん(@erikouegaki)のニューアルバム「unclouded」も

 

販売いたしますのでこちらもどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

会期 : 2020年11月7日 (土) ~ 14日(土) ※11月9日(月)はお休み

 

営業時間:12:00~18:00

 

会場 : Hase 450-0002 名古屋市中村区名駅5-10-7 花車ビル中館1F 

 

052-414-5465

 

hasegallery@gmail.com

 

@hase.utsuwart

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

THANK YOU

2020年11月4日

 

 

 

 

買い物をしたら紙袋に手書きの文字

 

THANK YOU 

 

 

 

お日さまのような言葉に

 

ぱあっと心が明るくなった

 

言霊はあるんだなと思う

 

こちらこそThank YOU!

 

 

 

 

 

 

首里城

2020年10月31日

 

 

 

 

10月31日の早朝

 

首里城が猛火に包まれてから1年が経ちます。

 

 

 

首里の高台に鮮やかな赤をまとって立つ姿はとても優美で

 

沖縄の人々の誇り高き城。

 

 

 

今、復元に向けて多くの方々が再び奮闘してくださっている姿を見て

 

わたしも何かお手伝いできることはないかと本気で考えてしまいました。

 

 

 

2026年、あでやかな装飾をまとった首里城が蘇った日には

 

何を置いても駆けつけようと思います。

 

その日が今から待ち遠しい。

 

あ・・・でもその頃は何歳になるんだ、わたし。

 

早く来て欲しいような、ゆっくりと過ぎて欲しいような

 

複雑な気持ちでもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紙の上を走る

2020年10月28日

 

 

 

紙の上に描く時のスピード感は気持がちいい

 

ぐいぐい すいすい 手が動く

 

 

 

意味を求めず

 

手と絵の具と紙が一体になる感覚

 

嗚呼 やっぱり絵が好き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Archives